母子感染によって感染するB型肝炎

B型肝炎の給付金をもらえる方法をご紹介します



母子感染する理由

母子感染B型感染の感染経路として垂直感染があります。こちらはいわゆる母子感染というものです。今では母子感染防止策がとられるようになっているのですが、かつてはこのようなことは行われていませんでした。そのため、B型肝炎が母子感染してしまうケースがたくさんあったのです。もし母親がB型肝炎に感染していると、出産の際に血液を介して赤ちゃんにまで感染してしまうのです。

乳幼児というのは免疫系がまだまだ未発達となっています。たとえ感染したとしても、それをウイルスとして認識することができないのです。また、そもそもウイルスを排除するための能力も弱くなっています。そのため、子供がキャリアとなってしまうのです。

思春期の頃から30歳になるまでに免疫系は発達していきます。それによってしっかりとウイルスを体内から排除しようとするのですが、そのときに幹細胞を攻撃してしまうのです。これによって肝炎が発症してしまいます。ただし、多くの方はその症状が軽くなっているため、肝障害が進行してしまうことは少ないのです。しかし、まれに肝硬変や肝がんになってしまう方もいるため注意しましょう。

現在ではしっかりと母子感染を防ぐための対策がとられているため、新しい母子感染はほとんど起きていません。

 

給付金をもらえる

B型肝炎に感染した方の中で、国の不手際によって集団予防接種で感染してしまった方には給付金が支給されるようになっています。こちらは母子感染をした方も対象となっているのです。現在のB型肝炎の患者は主に母子感染をした方が多くなっています。そのような方は急いでB型肝炎給付金の受給対象者かどうか調べてみて、すぐに手続きをしましょう。

弁護士実際に給付金を受け取るためには国に対して訴訟をしなければいけません。その際には自分が要件を満たしていることを証明するための証拠を集めなければならないです。また、裁判所とのやり取りをする必要があるため、難しいと感じてしまう方は多いでしょう。実際に給付金の請求をしていない方がたくさんいるのです。

このような場合は弁護士を頼ると良いでしょう。弁護士であればしっかりと対応してくれるのです。給付金を受け取るための訴訟手続から書類作成、資料集めまですべて弁護士に任せてしまうことができます。弁護士に依頼することによって、スムーズに給付金を受け取ることができるでしょう。国が弁護士費用を補助してくれる制度も存在しているため、こちらを利用することによってB型肝炎の給付金を安心して受け取れるでしょう。

B型肝炎と母子感染

B型肝炎という病気は多くの方が集団感染したことで知られています。かつて学校で集団予防接種が行われていた頃に注射器が使い回されていたのです。今の常識で考えてみるとありえないことなのですが、当時は平気で行われていました。国の不手際によってこのような事態となってしまい、多くの方が集団感染してしまったのです。

集団予防接種これは本人にとっては避けようのないことです。そのため、多くの感染者が国に対して怒りを感じて、集団訴訟をすることになりました。その結果として和解が成立して給付金を国が支給することになったのです。そのための法律も制定されています。

B型肝炎の給付金というのは一次感染者だけではなくて、二次感染者や三次感染者、あるいは相続人にも受け取る権利があります。二次感染者というのは一次感染した人の子供のことです。実はB型肝炎というのは母子感染する病気なのです。これによって、直接集団予防接種による集団感染に関わっていない人であっても感染してしまうケースが生じたのです。このような母子感染した子供達にも当然給付金を請求する権利は与えられているのです。

こちらではそんな母子感染をするB型肝炎について説明しましょう。一体どうして母子感染してしまうのか、B型肝炎の給付金をもらうにはどうすれば良いのかといった点について説明しましょう。B型肝炎に感染している方もその家族にとっても役に立つ情報を提供しましょう。ぜひとも参考にしてください。